ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監査報酬の追加請求?

日本公認会計士協会は2014年3月期から、不正リスクへの対応などで監査の時間が増えた場合に監査報酬に反映させる仕組みを導入する。従来は追加で監査をしても報酬が増えない例が多かったが、監査契約書のひな型を改定して報酬の見直しをしやすくした。

同協会の会長に3日に就任した森公高氏は日本経済新聞の取材に対し「従来は不正リスクに対応する追加的な監査を実施しても報酬に結びつかないことが多かった」と指摘。新たなひな型には、期初に報酬を見積もった後、不正の兆候を把握して追加的な監査をした場合などに報酬を見直す協議をすると明記した。

これは一見いいことのように思えるが、実は危険をはらんでいます。

不正の兆候なんていうものは、人それぞれ捉え方がバラバラで主観的なものである。不正の兆候があり、追加作業をして、実際不正はなかったと結論づけた場合はどうなるんだろう。

また、そのような追加リターンがあるということは、不正の兆候を見逃した場合のペナルティーも当然にあると思うが、そのあたりはどうなっているのだろう。

私は仕事柄、監査報酬をモニタリングしているが、説明のつかない監査報酬の増額は「不正の兆候」として、投資案件から除外しなければならないのか…

考え出すときりがないが、そもそも今の監査というのは、経験の浅い人達が、会社におしかけ、監査の質を保つことなく、量のみを求めている印象を受けるが、こんな状態で大丈夫だろうか。

そもそも、近年の長期間、多額の粉飾事案は「不正の兆候」を十分に把握できたように思えるが、監査報酬は減額していたような気がする。この点、関係者が処分されたようなことは聞いていない。

記事だけみていると、粉飾に対して監査が十分でないのは制度的な問題としてすり替えられているような気がする。

これまでの粉飾事案、投資家の損失を考えると「ニンジンがなかったのでニンジンをぶら下げました」というようなニュアンスに正直憤りを感じずにはいられません。

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

tag : 監査

大手監査法人 自虐ネタ!?

新日本監査法人が3月14日に開いたセミナー・交流会では、スタッフがおそろいのTシャツを着ていた。Tシャツには大きく「爆査」の2文字が躍っていた。

原子力発電所の「爆」発事故を引き起こした電力会社を監査クライアントにもち、粉飾会社オリンパスをダンピングして引き受け、「爆」発してしまった監査法人らしい。

IPOのスピード監査をPRしているようだが、いまの大手監査法人の能力でリスクをしっかり検討できていますか?

私はスピード上場会社はまったく信用出来ないため買いません。

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

tag : 監査

中小監査法人の現状

大手監査法人の経営がよくないことは周知の事実であるが、中小監査法人はどうであろうか。

私は大手から人を引き抜き、これまで弱いとされてきた品質を高め、追い風に乗っているのかなと思っていました。

ところが、私の知り合いからの情報を集約すると、どうもそうはなっていないようである。

旧態依然の状況は変わらず、安値受注、単価の安い日雇い会計士の確保で、「牛丼経営」をやっているようだ。
実は私が関わっている会社の子会社の監査法人が中小監査法人なのだが、こんな決算が通るのか!?と思うようなものでも通っている。ここは中小監査法人ていうより準大手だ。

この業界は大小問わずオワコンになってしまうのだろうか。
アメリカは相変わらず集団訴訟が盛んである。日本がアメリカの10年遅れだとすると、こうした商売も考えていかなければならないなと思います。

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 監査

適切な監査時間及び監査報酬(笑)

日本公認会計士協会は、会員向けに「適切な監査時間及び監査報酬について」という会長声明を、2013年4月19日付で公表しました。


「会員各位におかれては、我が国の公認会計士監査を取り巻く環境を踏まえ、効率的な監査の実施を前提としつつ、監査の品質の維持・向上には、合理的に見積もられた適切な監査時間の確保が求められることを深く認識するとともに、監査報酬については「業務の内容又は価値に基づいた報酬を請求する」(倫理規則第21 条)ことにも意を払い、監査実務の充実に努められることを強く要望する。」

多くの監査法人は工数(時間)に単価をかけて監査報酬を見積もっていると思うが、個人的にはこれはどうなんだろうと思います。監査はセンスがある人にとっては、問題点が次々に浮かび、いろいろな財務数値を比較検討することで「危ないところ」が浮き彫りになっていくのですが、センスがない人はいくら時間をかけても、証票をひっくり返しても「リスク」には到達しません。

そしてこの「センス」ですが、これは監査業務の経験とはあまり関係有りません。したがって、長年監査法人にいる偉そうなおっさんでも、まったく「リスク」に到達できていないケースが多いのです。

ではこのセンスとはどのようなものかですが、一言でいって、投資家の視点です。
日本のパフォーマンスの低い機関投資家の要求水準は笑ってしまうほど低いですが、それでも上場企業経営者の多くは株主のコマ使いでしかありませんので、当然にその要求を飲むことになっています。ですので、この要求に応えるため、経営者が「どこでイカサマをするのか」を考えると自ずと解は得られるのです。そして、このような状況、程度は会社によって異なります。

しかしながら、業界的にはこうした会社に応じた「リスク」を重視せず、大きな会社の監査ほど時間をかける傾向にあり、やみくもに手続きを増加させるきらいがあるような気がします。

大きな会社だから工数も多くなるということは明らかに間違っています。

リスクに応じた監査ということであれば、東証一部上場会社より新興企業のほうがより時間をかけ、より考え、慎重な決算が求められるはずですから…

そもそも監査というものは保証業務の一形態ですので、調査にかかる時間というよりは、「リスク」に応じた「報酬」が発生すべきだと思います。

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

tag : 監査

クレーム

またしてもクレームです(-_-;)
私にではなく、某大手監査法人です。
くわしいことは書けませんが、2月と3月をかけて、とある会社の決算方針を監査法人とともに固めてきてました。

ところが

50代くらいの監査法人パートナー(責任者)が急にいうことをきかなくなってしまいました。

しかも、有り得ない処理を提案してきました。

私は経験がそのパートナーより豊富であり、そんな決算できるわけないだろと、なかば切れ気味にいいました。正直、大手監査法人の品質ではないようなむちゃくちゃなことを言ってきたので。

クライアントも2ヶ月かけてつめてきたのはなんだったのかと憤慨していたため、そのむちゃくちゃな言動を伝えると火に油だと思い、私の中で留めました。

これを伝えたらおそらく監査法人は交代でしょう。

その晩は、その会社の役員の方と怒りながら酒を飲みました。

監査法人も察したか「その方向で…」などといってきました。
私は久しぶりにめちゃくちゃ腹が立ちました。会社の決算というものはいろいろな人が関わり、調整を重ねできあがるものです。それを実務をあまり知らないような監査法人のパートナーが思いつきで、有り得ないようなことを平然と言ってきたのです。これはまともな会計士や経理が聞いたら皆、憤慨すると思うようなことです。

なぜこのような、なにも分かってないおっさんが監査責任者なんでしょうか

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 監査

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。