ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡散臭い会計~IFRS~

今回から会計の記事も発行していきたいとおもいます。一応会計士なので
でも、できるだけ分かりやすく書こうと思います。
さて、昨今世間を騒がせるだけ騒がせ、一気に冷え切ってしまったIFRSである。IFRSとは国際会計基準を含む、主に欧州での統一ルールであり、これを世界で使っていこうと声高に叫ばれているものである。
監査業界はJ-SOX、四半期報告のときに企業からぼったくったように、またのチャンス到来とばかり、会社に不安を煽り、私腹を肥やそうとしていたところ、ギリシャ発の欧州金融危機により、欧州の国々、各社がやってられないということになり、みんながバラバラに勝手な解釈をして、投資家を混乱させるということが起きた。ルールの統一が謳い文句のIFRSが一気に胡散臭いものになってしまったのである。
これを受け、米国も一歩後退。日本は二歩も三歩も後退することとなった。
私のまわりの関係者はIFRSくそくらえの人が多かったため、以前、大企業の偉いさんたちが声を揃えてIFRS必要と雑誌かなにかで、PRしまくっていたのは不思議でした。まあ、大企業の役員なんかはほとんど会社の利益水準からすると穀潰しの奴が多いんだが…
そんな奴らも世論が変わり、くそくらえと叫ぶようになり、こいつらに信念や理念はないのかと思わざるを得ません。

IFRSのなにがやばいかというと、会社に見通しを大部分委ねてしまうことである。現状でもそういった側面があり、私も何度も会社の数字を変えさせてきた。そのような状況でIFRSとなると会社がだす数字についてはますます胡散臭くなる。ただでさえ、会社業績や将来予測にバイアスがかかっているのに、いいかげん勘弁願いたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。