ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外人持株比率



3月期決算企業の4~9月期決算発表が終 わったところで、今年度の企業業績の好調ぶり を振り返っておきたい。9月から11月にかけて 東京証券取引所第1部上場企業の通期予想純損益がどう修正されてきたかを調べると、1995 年度以降の19年間で上方修正は2005年度、09 年度、10年度と今回の4回だけだ。ただ、今回 の上方修正幅は1兆1315億円と10年度の9915 億円を上回り、4回中の最高になった。

一方で外人持株比率は高まっており、約30%になっている。

日本の上場企業が頑張って過去最高の利益を 確保しても、配当と株式のキャピタルゲイン (譲渡益)の30%が外国人の手に渡ってしまう わけだ。ただ、この点に関しては、外国人がリ スクを取っているのだから当然との見方もあろ う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資術

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。