ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命題

最近、子供(2歳)が命題を聞いてくる。

例えば、母親が「ご飯を食べたら、遊ぶ」というと子供が「ご飯を食べないから、遊ばない」と言う。
他にも裏の命題を機関銃のように投げかけてくる。


しかし、一般に A ⇒ B (これを順命題という) が真であっ ても, その逆命題 converse B ⇒ A が真であると は限らない。 例えば x = 0 ⇒ xy = 0 ではある が, 逆に xy = 0 であるからといって, x = 0 とは 限らない (例えば x = 1, y = 0)。


同様に, A ⇒ B に対し, その裏、すなわち命題 ¬ A ⇒ ¬B (A でないならば B でない) についても順命題が真であるからといって, その裏ま で真とは限らない。

現状、子供は順命題に対して、その裏も真であると勘違いしている。

これをどう教えようか悩んでいる。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 初めての子育て
ジャンル : 育児

tag : 命題 育児

コメント

Re: こんにちわ

ピノキオさん

こんにちは。
神経衰弱いいですね。
動物カードもってるので、もう1セット買ってやろうかな。



こんにちわ

ことばあそびをしているんですかね
かわいいですね
こどもが楽しみながら教えられるといいのですよね
すみませんアイデアは出てきません
そんなこと、考えたこともなかった

2歳から3歳くらいの時に
子供とよく神経衰弱をやっていました
ルールが単純なので楽しく遊んでました

Re: No title

対偶は真ですね。

感覚的にでも分かってくれたらいいんですけどね。
裏を真とすると、変なことになることがたまにあるので

No title

数Ⅰの命題、懐かしい。対偶¬B ⇒ ¬Aは真でしたよね。
高校で習う事を2歳に理解しろというのは無理なのでは?
Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。