ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不透明な評価制度によるモチベーションの破壊

人事評価というものは、厄介なもので透明で公正なものはどの会社にも存在しない。特に会社が儲からなくなってくると、評価は一気に冷え込み、世代間でも不平等になってくる。この点、今の若い世代は既に認識しており、会社に対して、忠誠心の欠片もない。このようなことは一般的に言われていることであるが、監査法人においてはさらに顕著となっている。その結果、組織構造は逆三角形▽となり、経営を圧迫しているばかりでなく、負担は全て20代の若い世代が負うことになる。さらに現状の組織構造が逆三角形であることから彼らの昇進は期待できず、「頑張っても報われない」状況が続くことになる。したがってモチベーションが維持されず、バイト感覚で監査をするようになる。私が主査(責任者)であった会社でも、部下が仕事を放棄したり、監査調書を改ざんしたりとなにかと大変であった。中には会社と共謀し必要な監査手続を省略する者まで現れた。このような状況を知っているだけに、投資家として、監査報酬の価値とはなんなんだろうと思ったりしています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。