ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライアントからの期待ギャップ

前回は投資家からの期待ギャップのお話をしました。今回はクライアント、つまり、監査報酬を支払っている会社からの期待についてのお話である。クライアントは株主だろという頭の弱い学生並みの会計士も少なからずいるが、だいたい大手の監査法人に所属する責任回避することに懸命なパートナーか実務をまったく知らない学者であるため、ここでは無視する。
さて、その会社の期待であるが、私の経験上、端的に情報提供ではないかと思う。多くの会社は会計基準の「実務的な」適用に悩み、税務で悩み、法務部を有していない比較的小さな会社は法務で悩む。そのため、このような相談に適時適切にのることが会社からの信頼を得ることに繋がるわけであるが、どうも近年、そのような関わりを拒否している会計士が多いような気がする。
会計上の相談には会社とは独立した立場で監査しなければならないといい拒否、税務も同様の理由で、また、リスクが伴うといって拒否、法務もしかりである。すなわち、「できたものしか受け付けない」のである。また、その方が楽であり、担当替えの期間が短くなっている近年では、特定のクライアントと密になる必要がなく、自分のプロジェクトの金勘定をしていた方が、監査法人での評価もあがる。このように「監査」を極小化してとらえ、いかに楽をして儲けるかという短期的な視点しか持っていないため、長期的にクライアントといい関係を築こうとする会計士は少ないと思います。それでは、どうしたら期待に応えられるかであるが、やはり人材育成しかないであろう。しかしながら人材育成には時間もお金もかかるため、収益力のなくなった大手監査法人には難しいのではないでしょうか。まあ最近では「期待されていると勘違いしているギャップ」と揶揄されるようになってしまったが…
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。