ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資家からの期待ギャップ

投資家の会計監査への期待とはなんなのか。言及するまでもなく巨額の粉飾を見逃さないことである。
巨額の粉飾は通常、経営者が関わっており、自己保身等のため、投資家を欺くものである。それでは現状の監査でこのような粉飾を発見できるのかというと、これまでの事件からご理解いただけるように発見できない。もしくは発見したくない。残念ながら現状の監査人は分析能力が乏しく、投資家の視点も持ち合わせていないため、終始つまらないミステイクを発見することに必死になっていると思われる。またこれが心地いい。皆、面倒はごめんであり、事なかれ主義が蔓延しているように思われる。極論すれば粉飾が発見されようと、懐は痛まない。しかし、投資家の立場であれば虎の子を一夜にして失うことになる。私見を述べるとこのような投資家の期待は今後も満たされないであろうと思う。それは現状の監査が結果責任ではなく、過失責任しか負わないためである。すなわち、やることはしっかりやったが発見できないものには責任を負わないという制度なのである。監査とはなにも生産物を伴わない、情報に対する保証業務であり、個人的には過程よりも結果に責任を負うものであると思う。債務保証も保証料を受け取れるが債務者が返済できなければ、債務者にかわり返済する責任を負うように。
現状の緩い制度が続く限り投資家の期待ギャップは埋まらず、監査の価値は時間とともに減少していくであろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。