ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は、あまり聞きなれない指標かもしれません。株価が1株当たりのキャッシュフローの何倍に当たるかを見る指標で、PERやPBRと同様に株価の割安感を測るものです。

 

このPCFRという指標は、PERの欠点を補う指標といえます。例えば、企業の業績がよく、設備投資を積極的に行なった企業は減価償却費が増えます。その結果、設備投資の増加は直近の利益を押し下げることになります。

 

PERは、『時価総額と純利益(1株あたりの利益)の関係』を示す指標ですので、設備投資の増加によって利益が減ると、本業で利益が出ている企業でもPERが上がってしまいます。このねじれを修正する指標がPCFRです。

 

業種によって設備投資の額も大きく違ってきますから、PCFRは同業他社との比較に用いられます。PCFRが低いほど『株価が割安である』といえます。具体的な計算式は次のようになります。


PCFR(株価キャッシュフロー倍率)=株価÷1株あたりのキャッシュフロー
1株あたりのキャッシュフロー=営業キャッシュフロー÷発行済み株式数
 

PCFRの見方ですが、上の式を見ていただくと株価を分子に、一株あたりのキャッシュフローを分母に取っています。株価が分子ですから、株価が下がれば↓、PCFRも下がります↓。 また、分母である1株あたりのキャッシュフローが上がれば↑、PCFRは下がります↓。



このように株価が下がったり↓、一株あたりのキャッシュフローが上がる↑ことにより、PCFRが下がり↓、割安になります。

 
利益よりキャッシュフローに着目する点で、証券投資というより事業投資に近い感覚であり、私は比較的好きです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資、お得な情報、儲け話
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資

コメント

Re: PCFRはいいですよね

PCFRの欠点は成長企業が引っかからないところです。
したがって、短期で~倍といった個人が好きそうなパフォーマンスは無理です。
昔ならいざ知らず、中小企業の成長を短期の実績をもとに2次曲線を引っ張るように想定するのは個人的にはどうかなと思います。

繰延税金資産については少し難しいため、投資家としてのポイントにしぼって説明したいと思います。

PCFRはいいですよね

私もPCFRはよく見ています。
仙人さんと一緒で心強いです。

今度は繰延税金資産の
解説を頂けるとうれしいです。
Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。