ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資方針のフィードバック

こんにちは。

本日は投資方針のフィードバック、つまり見直しを行います。

3日~7日の世界の株式市場では、主要20カ国・地域のうち19の国・地域で主要な株価指数が下落した。米国でこれまで実施してきた大規模な量的金融緩和策を早期に縮小するとの観測が世界の金融市場を揺るがし、投資家がリスク回避の動きを強めた。もっとも、週末の5月の米雇用統計の結果を受けて緩和縮小への懸念がやや後退すると、投資家が運用リスクを取る動きが活発化。欧米市場では週末にかけて下げ幅を縮める場面もあった。

週間の下落率が最も高かったのは日経平均株価だった。3週連続で下落し、下落率は6.51%と、東日本大震災直後の2011年3月14~18日(10.2%安)以来の大きさになった。外国為替市場で円相場が対ドルで一時1ドル=95円台後半まで上昇したほか、米国株式相場も週前半は軟調な値動きが続くなど、外部環境の悪化を受けて主力の輸出株を中心に売りがかさんだ。


これを受け仙人も23連勝がストップし、初めて損切りをすることとなった。この点につきTOPIXと比較し、検証してみました。

 2013/5/312013/6/7増減増減率
仙人指数136.38 129.36 -7.02 -5.147%
TOPIX1,135.781,056.95-78.83 -6.941%


TOPIX、すなわち東証1部上場のすべての株式に投資した場合、1週間で資産が6.9%減少してしまったのに対し、仙人ポートフォリオは5.1%の減少でした。

日経平均、TOPIXともにパフォーマンスでは上回っており安心しました。
長い間投資をしているとこのような場面は少なからずあるでしょう。しかしながら、日経平均やTOPIX等の指数を上まわる損失計上をおさえていけば、必ずや長期的には勝てるものと信じております。

相場がよいときは、乱暴ないいかたをすれば誰でも儲かります。

相場が悪いときに「損しない」もしくは「損を極小に抑える」ことが長期での財形には必要なのです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資、お得な情報、儲け話
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資 利回 収益率 検証 運用

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。