ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前提為替レート

毎年4月下旬から5月中旬にかけて、企業の決算発表が相次ぎます。日本企業の多くは3月が決算期末なので、終わった期の業績をまとめ、開示するのがこのタイミングになるわけです。決算発表はいわば企業の成績表、通信簿のようなもので、株価形成に与える影響は極めて大きいです。




企業は終わった期の決算を発表するのと同時に、この先の業績見通しについても開示をします。この時期でいえば、3月までの終わった期(前期)の結果と、4月から始まった期(今期)の見通しを示します。

株価に影響を与えるのはむしろ、今期の業績予想です。株式投資は先行きの期待値を取り込む経済行為なので、これから先に当該企業がどうなるのかが、株価形成にとって重要になるのです。

ではピークを迎えた決算発表、今回の注目点はどこでしょうか。ずばり最大の注目ポイントはそれぞれの企業が今期の業績見通しを出すうえで前提とした円相場の水準です。特に自動車、電機、部品関係など輸出関連銘柄は、円相場の水準次第で大きく業績が変化しますから、要注目です。


ここまでの今期予想をみると、企業は円相場の見通しについて保守的です。足元で1ドル100円を下回るほど円安が進んでいますが、今期の想定レートとして1ドル90円か95円とする企業が大半です。1円の円安で400億円の増益要因になるといわれるトヨタ自動車も、1ドル90円を前提にしていると発表しました。単純計算で10円分の円安の「のりしろ」があり、これだけで4000億円の増益要因になります。市場関係者の中には、トヨタは経営体質の改善が進み、1円の円安での利益上積みは400億円どころか、もっと大きく、700億円の増益要因になるとの見方さえあります。

こうした観点から一年間というスパンでキャピタルゲインを狙いに行くことも可能ですが、私は為替にあまり振り回されたくありませんので、為替により得られるキャッシュがあまり変動しない会社に投資するようにしています。

煽っておいて、つまらないオチとなってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。