ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職

私は大手監査法人にマネージャーとして勤務しておりましたが、いろいろと思うことがあり退職いたしました。といいましても退職は少し前のこととなりますが…
監査法人とは主に会計監査を独占的に行う公認会計士の集まりであり、上場会社の決算について、問題あるのかないのかを意見表明する法人です。また、そのマネージャーとは、スタッフ(平社員)が実施した監査業務を評価し、監査報告書(意見表明のレポート)の署名者(パートナーと呼ばれる)をサポートする現場責任者のことです。マネージャーは通常いくつかのクライアントを担当し、品質管理や収支管理を行うため、いわゆるプロジェクトマネージャーを想定していただけると分かりやすいのかと思います。
私にとって監査法人はとてもいい組織でした。若いうちにいろいろなビジネスを知ることができる職種というのは限られているのかなと思います。監査法人はその中の1つであると今でも思っています。このような経験はいろいろと応用することができ、とりわけ私にとっては「投資」への活用に大変役に立っています。具体的には財務数値を分析することである程度、その会社の将来業績を予測することができるということです。したがって、会社の公表する業績予想について、適切な評価を下し、それを投資に生かしていくことができるわけです。会社の公表する業績予想なんてものはかなりいいかげんなところがあり、現状のマーケットはこの不確かな情報に振り回されている様はなんとも滑稽でもありますが…
とまあ、自由業として公認会計士の業務を楽しくやってきたわけではありますが、それではなぜ退職に至ったのか、「いろいろと思うこと」とはなんなのかを、主に投資家、会計士と接点のある会社関係者様のご参考に次回から記載していきたいと思います。投資家の皆様には情報リスクについて、会社関係者様には業界の現状について理解を深めていただけると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。