ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米MRI、資金使途は限定と虚偽説明

米金融業者MRIインターナショナルによる顧客資産の消失問題で、同社は新規顧客の勧誘の際に、販売するファンドの運用資金は使途が限られた口座で保管しているとの虚偽の説明をしていたことが関係者の話で分かった。証券取引等監視委員会は投資家を安心させ資金を集める目的があったとみている。

関係者によると、MRIは勧誘の際、ファンドの資金は米国の「ロックボックスアカウント」という信託口座で保管されていると説明。口座内の資金は診療報酬債権の購入にしか使用できない仕組みだと強調し、安全性をアピールしていた。

しかし、監視委の検査によると、少なくとも2011年以降、診療報酬債権の買い取りは行われていなかった。ファンドの資金は顧客への配当金や満期償還金の支払いに充てられていたほか、MRIの口座への送金も確認されているという。

典型的なファンド詐欺ですね(-。-)y-゜゜゜

おおかた、大きな穴を開け、問題先送りのためタコ配当、タコ償還の自転車操業、関係者の資金隠しといったところでしょうか。

いずれにせよ詐欺事件であっても無い袖は振れませんので、投資家が泣き寝入りとなるのでしょうが…

私は、虎の子であるマネーをそっくりそのまま非上場ファンドに預けることはやめたほうがいいと思います。

世の中、お金をなんとかして集めようとしている胡散臭い連中がうようよしてますので(^-^)
投資は自分の分かる範囲で、自分の納得できる情報にもとづき自己責任でやるべきです。

頭のいい人はいっぱいいます。このような人たちに騙されないようにしましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 政治経済

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。