ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFRS 収益認識基準がほぼ完成の模様

堅苦しい記事で恐縮です。
収益認識基準というのは会社が売上を計上するルールであり、これは極めて大きな問題です。これは分かってもらえるかなと思います。会社は売上がなければ存続できないので…

このたび、国際会計基準審議会及び米国財務会計基準審議会は、新しい収益認識基準に関する再審議をほぼ完了しました。再審議となっていたのは、当初の案がくそみたいな非現実的なものであり、関係者からクレームが多かったためです。

このなかでの重要な決定事項の1つとして、新基準の発効日があります。新しい収益認識基準を適用するためには、かなりの時間的余裕が必要となるため、両審議会は十分なリードタイムを設けることから、その発効日を2017年1月1日に定め、早期適用についても認める決定をしました。

ということらしいのですが、大きな問題が潜んでいます。

どこだか分かるでしょうか。

「早期適用についても認める」というところです。

なにが問題かというと、会社に勝手に新しい基準を使ってやってくれ、時間やるから、いついつまでに好きな時にやってくれというと、当然会社は売上をコントロールできるようになるのです。

投資家としてそれぞれの会社で対応がばらばらなものを見ても、当然に情報価値は落ちます。

IFRSが投資家のためとかいってるならそれを貫けよと思います。どう見ても投資家のためというより、会社や業界関係者のためだろうと思ってしまいます。

これから日本の会社は、このような胡散臭いIFRSに振り回されることとなります。頑張りましょう。

ひとつ思いつきました。

I 言ってることが
F ファジーで
R 理解不能な
S standard
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

tag : 会計

コメント

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。