ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【19週間】19勝0敗 平均利回36.82%

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

会社にとってお金とは? 資金の概念

今回は財務会計(報告目的会計)の記事ではなく、「資金」について書いてみました。

会社では「経理」というよりは「財務」という役割で、資金繰りをやっている方にとっては当たり前のことかもしれません…

ここでは、一般の方を対象にコーヒーブレイクとして、そんなものかとコラム的に読んでいただけたらと思います。投資の息抜きとして。

資金管理は会社にとってとても重要です。なぜなら、資金は人間でたとえるなら血液であり、止まってしまったり、必要なときに不足すると、会社が倒産してしまうからです。

それではその「資金」とはどのようなものでしょうか。

①現金としての資金
資金をもっとも狭くとらえると、「現金」ということになるでしょう。ここで、現金とは何かと言えば、一般的には紙幣と硬貨ということになります。しかし、会計基準では、現金は手許現金と要求払い預金(当座預金、普通預金など)をもって現金であるとしています。

②現金同等物としての資金
会社は、換金性の高い資産を保有しています。その一部を現金同等物とみなして、資金に加えることがあります。現金同等物は、会計基準によれば3か月以内の短期投資である定期預金等をあげています。

会計基準では①と②をキャッシュとして扱っていますので、まず投資家はこのキャッシュの流れや残高を投資の判断材料に使うことになります。

③運転資金
実務では、運転資金といえば棚卸資産+売上債権-仕入債務であるとすることも多いようですが、この概念はあいまいで、会社によってまちまちです。

運転資金の範囲をどこまでとするかは会社の業種、信用力なども影響するため個人投資家が判断するのは難しいかもしれません。過去の会社のファイナンスから、推定逆算して、その会社がなにを「資金」と考えているかを予測することは可能ですが…いずれにしても、テクニックがいります。

投資家のみなさんには会社を見る目を養っていただきたいですが、まずは①+②の資金をみてみるのがいいかもしれません。

上場会社は有価証券報告書という成績表を発表していて、その中に「キャッシュフロー計算書」という報告書があります。この報告書は①+②を「キャッシュ」として表しているため、特に追加で計算することなく情報が得られますので、こちらを見てみるのもよいでしょう。機会があればこのブログでももう少し説明したいと思います。

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

tag : 会計

適切な監査時間及び監査報酬(笑)

日本公認会計士協会は、会員向けに「適切な監査時間及び監査報酬について」という会長声明を、2013年4月19日付で公表しました。


「会員各位におかれては、我が国の公認会計士監査を取り巻く環境を踏まえ、効率的な監査の実施を前提としつつ、監査の品質の維持・向上には、合理的に見積もられた適切な監査時間の確保が求められることを深く認識するとともに、監査報酬については「業務の内容又は価値に基づいた報酬を請求する」(倫理規則第21 条)ことにも意を払い、監査実務の充実に努められることを強く要望する。」

多くの監査法人は工数(時間)に単価をかけて監査報酬を見積もっていると思うが、個人的にはこれはどうなんだろうと思います。監査はセンスがある人にとっては、問題点が次々に浮かび、いろいろな財務数値を比較検討することで「危ないところ」が浮き彫りになっていくのですが、センスがない人はいくら時間をかけても、証票をひっくり返しても「リスク」には到達しません。

そしてこの「センス」ですが、これは監査業務の経験とはあまり関係有りません。したがって、長年監査法人にいる偉そうなおっさんでも、まったく「リスク」に到達できていないケースが多いのです。

ではこのセンスとはどのようなものかですが、一言でいって、投資家の視点です。
日本のパフォーマンスの低い機関投資家の要求水準は笑ってしまうほど低いですが、それでも上場企業経営者の多くは株主のコマ使いでしかありませんので、当然にその要求を飲むことになっています。ですので、この要求に応えるため、経営者が「どこでイカサマをするのか」を考えると自ずと解は得られるのです。そして、このような状況、程度は会社によって異なります。

しかしながら、業界的にはこうした会社に応じた「リスク」を重視せず、大きな会社の監査ほど時間をかける傾向にあり、やみくもに手続きを増加させるきらいがあるような気がします。

大きな会社だから工数も多くなるということは明らかに間違っています。

リスクに応じた監査ということであれば、東証一部上場会社より新興企業のほうがより時間をかけ、より考え、慎重な決算が求められるはずですから…

そもそも監査というものは保証業務の一形態ですので、調査にかかる時間というよりは、「リスク」に応じた「報酬」が発生すべきだと思います。

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

tag : 監査

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。