ブログパーツ レンタルCGI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金は寂しがり屋事件

とあるIPOの会社の話。
創業者である社長は当然に桁外れな富裕層で、奥さんを経理部門に置いていた。
ある日、従業員が連れだって宝くじを買いに行きました。

そして当選発表。

なにか様子がおかしい。

一等当選者がいる模様。

それは…

社長夫人であった。

つくづくお金はお金のあるところに集まるんだなと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 宝くじ

悪魔のデリバティブ事件

今回はちょっと怖いお話です。

私が関与していた上場会社で、輸入したものを国内販売する会社の話です。

この会社は朝昼晩とコーヒー、お茶を出してくれて、しかも3時の茶菓子まであるいい会社でした。

あるとき、Tさんという当時有名であったコンサルティング会社から転職してきた方がいたんですが、彼は長期の為替予約をやりたがっていました。長期為替予約は長期に渡りドルを一定のレートで買う契約であったが、日本とアメリカの金利にかなりの開きがあり、予約レートが有利に設定できるということでインセンティブがありました。またその金利差を営業利益に転嫁できるということもあり、汗水垂らさなくても、紙ぺら一枚に判子をつけば、何億円という営業利益が約束されていました。

私はこの取引に反対していました。さてどこにリスクがあるんでしょう。


この会社の取引量は今後も保証されているものではないということです。

すなわち、景気が悪くなり、物が売れなくなると、当然輸入も減ってきます。
にも関わらず一定量のドルを買い続けるということは、ビジネスに必要なドル以上の為替取引をやっていることになるのです。

あとは想像通りとなりました。

会社は短期間で営業利益を多額に計上、Tの出世。
5年後、多額の為替差損の計上、Tの解雇…

コンサルのやるようなことはせいぜいこの程度です。
会社は真に「人」を見る目を養うことが必要です。

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

tag : デリバティブ

お兄ちゃん事件

20代のころ、仲のよい先輩(40代)とよく飲み歩いていた。私が焼酎を覚えたのは彼の影響である。

彼は東大を卒業し、監査法人に入り、結婚し、子供もいたが、嫁とうまくいかず離婚し、実家に帰ったという経歴があった。

私が彼の実家に遊びに行ったときの話である。

仙人「いつもお世話になっております」
彼の母親「こちらこそ」

彼の母は階段を見上げて「おにいちゃーん」と呼んでいました。
すると彼が階段を降りてきて、私を自分の部屋に招きました。

彼の部屋にはドラえもんの机があり、そこで仕事をしているようでした。

まさに時間がここだけ止まっているようでした。

親にとって子供はいくつになっても子供なんだと思いました。

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 会計士事件簿

孤高の先輩退職事件

尊敬する先輩がいた。

彼は無口で他の人とはあまり話さず、仕事が終わると一人で飲み屋にいっていた。過去になにがあったか知らないが、とにかく変わった人であった。

そんな彼は大学で金融工学をやっていたらしく、理系の私と話があった。

彼とは投資についていろいろと話をしたが、彼のポジションやポリシーについては結局わからなかった。

彼はよく「そんなのわからないよ」ということを言っていたが、投資については「わからない」ことが真理であるような気がする。

過去のトレンドで将来の波を読むテクニカル分析は一見、合理的であるように思われるが、「過去の結果」は過去のものであり、将来の動向との因果関係はないのである。

彼は監査法人でマネージャーに昇進したすぐ、「飽きたからやめる」といって、専業の投資家になったのである。

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 会計士事件簿

KOボーイをKO事件

またしてもKOボーイの話です。といっても、前回ご紹介したTではない。10歳くらい上の先輩であったYである。とかく会計士はKOが多い。これは今も昔も同じである。おそらく財界のご子息が多いからだろう。会計士になりたい子はKOに行くのがいいかもしれない。まわりの影響を受けるから。
さて、話をもどしてYであるが、彼はいわゆるエスカレーターで受験せず大学にはいった人であり、当時医学部にいきたかったらしいが、頭がスカスカで無理だったようだ。会計士試験も10年くらいかけてやっとパスしたという経歴を持つ。
そんな先輩であるが、結婚することになった。その相手が20代前半で若いということもあり、浮かれていた。

あるとき飲み会があり、Yがその相手の写真をみんなに回していた。

「かわいい」
「若い」
「いいなあ」

といった、想定内の感想を順々に言っているのが聞こえた。

そして私にも写真は回ってきた…

仙人「きれいですね……以外の回答は言えませんよね」

まわりが凍りついていた。ビールも心なしか冷えたようだ。

羨ましくもなく、きれいでもなかったので、ついつい状況を適格に表現してしまった。

関西人の同僚が必死でフォローしていた。

「仙人さん羨ましいからって毒をはいちゃいかんよ~」

私は仕事でYの尻拭いやクレーム処理をずいぶんやっていたので、気乗りせず2次会には出席せず、行きつけのラーメン屋にいって腹を満たした。

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 会計士事件簿

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 3000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

仙人

Author:仙人
大手監査法人出身。数多の会社を監査し、粉飾決算事例を数多く分析。業務として財務数値の分析、将来予測を長年経験してきたことを生かし、株式、債券、不動産投資の研究を続けている。アナリストには分からない現場レベルのリスク分析に自信をもっている。

最新記事

人気記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

ブログランキング

みんなで夢をシェアしましょう

タグクラウド


株価&為替ボード

タロット占い

株式ゲーム


by WANPA

プロ野球速報

遊んでね

検索フォーム

検索ワード

RSSリンクの表示

リンク

ありがとうございます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめサイト

アマゾンおすすめ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。